初心者でも稼げる副業紹介

副業紹介します。

離婚

芸能界を引退した木下優樹菜(32)の荒れた私生活

芸能界を引退した元タレント・木下優樹菜(32)の〝荒れた私生活〟が明らかになった。


 ママタレとして絶頂だった木下の人生を狂わせたのは、昨夏の〝タピオカ騒動〟。姉が勤めるタピオカ店の対応にブチ切れ、「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などとDM(ダイレクトメール)を送ったことがすべての始まりだった。  大炎上した木下は昨年11月に芸能活動を休止。大みそかには夫の藤本敏史(49)とも離婚した。
02a




「藤本さんは離婚原因にタピオカ騒動は関係ないと説明していましたが、それが逆に〝闇〟を感じさせることになりました。夫婦ゲンカは日常茶飯事で、藤本さんが離婚届を何度も突き付けたと番組でネタにしていましたが、あれも本当は笑えない話だったのかもしれません」とはワイドショー関係者。



02b

 タピオカ騒動後の木下について語ったのは、タレントの鈴木紗理奈(43)。ともにヤンキー気質でウマが合うのか、紗理奈は木下から「姉ちゃん」と慕われていたという。  しかし、12日放送のTBS系「サンデージャポン」で紗理奈本人が明かしたところによると「(昨年11月に)子育てのことで食い違いがあってからは、連絡は取ってなくて…」。現在は絶縁状態なのだという。 「どういった部分で衝突したのかは不明ですが、あれだけ尊敬していた紗理奈さんと距離を置くのはただごとではありません。心身ともに木下さんは限界で、周りが見えなくなっていたのかもしれません」(同)  木下は今月1日に活動再開を宣言したが、5日後に翻意して引退を決めた。背景に所属事務所も把握していない不倫疑惑があったことは本紙既報通り。お相手は30代のイケメンラッパーX氏で、16日発売の「女性セブン」によれば、木下はX氏にハマり、再婚する気満々だったという。  復帰と再婚を同時進行されては、世間の逆風は収まらない。事務所がそう諭すと、木下はプッツン。「じゃあ芸能界やめます。もう一般人なんで、結婚させてもらいますから」とタンカを切って事務所を出て行ったという。つまり〝逆ギレ引退〟だったというわけだ。  芸能プロ関係者は「謹慎中、おとなしくしていたと思ったら、X氏と密会を重ねていたのですから、たいしたものです。藤本さんとの離婚にもX氏の存在があったことは間違いない。2児の母である前に一人の女性だったのでしょう」と話す。  ただし、X氏とは一連の不倫疑惑が報じられて以降、疎遠に…。X氏はいつ自分の名前が表に出るかビクビクしているという。  一方の木下も「再婚を見据えていた男に〝逃げられた〟のですから、ショックでしょう。彼女の精神状態が心配。離婚後も家族の面倒をみている藤本さんの心労も絶えません」(同)。  その藤本は18日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、元妻に言及。引退理由は2人の子供への悪影響を考慮してのことで「優樹菜さんが地下駐車場から出てきたところをいきなりバシャバシャって撮られて。子供も乗ってるんです。まだ7歳と4歳なので、子供からしたらすごい怖かったみたいで。そのあとに(子供から)『パパ、きょう、知らない人がしゃべりかけてきて、すごい怖かったんだよね』って(言われた)。親のせいなんですけど、なんでこんな状況に、子供を追い込んでいる状態が心痛すぎて…」と涙ぐみながら語った。他方で「子供がいてなかったら僕も正直、知らんよってなると思うんですけど」とも述べた。  まだまだ鎮火とはいかないようだ。



不倫をしていた知った和田アキ子さんの感想は、

 歌手の和田アキ子が、MCを務める12日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」
(日曜・前11時45分)に生出演した。

 番組では、木下優樹菜さんが6日に芸能界を引退すると所属事務所が発表したことを伝えた。

 木下さんは実姉がアルバイトとして働いたタピオカドリンク店の経営者に対する“どう喝騒動”で昨年11月18日から芸能活動を自粛。今月1日に活動再開を発表したばかりだった。

 元夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史は「木下優樹菜さんが引退を発表されました。私、藤本敏史は今後も子供たちを含めて支えてまいります」とコメントを発表した。

 和田は引退のニュースを番組で伝える事に「引退されたら芸能人じゃないのにやっていいんですか?」と疑問を投げかけたが、スタジオでは木下さんの引退について報じた記事などを紹介していた。

木下優樹菜さんの突撃引退

タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退の余波が収まらない。  昨秋、木下は実姉が働いていたタピオカ店に対する恫喝まがいの言動が明らかになった上、一部でプロアスリートとの不倫疑惑も取り沙汰され、世間から批判が集中。昨年11月から芸能活動を自粛していた。

5dd39ea32500005410d2d795


 その後、昨年末には夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)との離婚を発表し、シングルマザーに。そんな状況のなか、今月1日に芸能活動再開を発表したばかりだったが、復帰後わずか5日での電撃引退発表となった。  木下の所属事務所は公式サイトで、「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております」と、明らかに“円満”ではない契約終了を感じさせるリリースを公表した。  そもそも、復帰にあたってはタピオカ店との和解がいまだに済んでいないこともあり、芸能界の内部からも「復帰はまだ早い」「和解が先」など厳しい意見が出ており、大御所タレントもからも「時期尚早」というコメントが散見された。  民放テレビ局のベテランスタッフはこう語る。 「事務所サイドも、木下さんの好感度やタレントイメージの早期回復が難しいことはわかっており、タピオカ店との和解を優先すべきことは重々承知していました。しかし、若槻千夏さんに続く看板タレントとして会社の成長期を支えた木下さんの意向は、事務所としてもむげにはできない。かねてから復帰したいという強い意向があった木下さんに対して、『タピオカ店側との解決の道筋をつけること』『(不倫騒動も含めた)人間関係でトラブルを起こさないこと』という条件を出していたようです。この二つがクリアできたと事務所側も判断したので、復帰を認めたということでした」

木下優樹菜さんはユーチューバになるのか?
👇👇
絶対になるでしょ。子育てをやりながら動画撮影。





木下優樹菜さんに関するコメント
👇👇👇





木下優樹菜さん。芸能界復帰して欲しくない声が1万超える!!

木下優樹菜さんの芸能界復帰に対してはNO!!


世間の声は以外にも・・・芸能界復帰して欲しくない声が大きい。
そして、自分のワガママで離婚。そして夫は毎月毎月、
養育費を払い続けている。
5dd39ea32500005410d2d795

タピオカ騒動も解決していないという声も・・・。

ヤフーのコメント欄の一部を引用しました。


なぜわざわざ表舞台に引っ張り出すような記事を書くのかな。
これも実は復帰のための布石だったりして。
無理矢理押し売りしないでほしい。



なんでしょう、最近youtubeが芸能人の逃げ道になってるように
感じるのは私だけでしょうか?
少し前までは「YouTuber?なにそれ?ただの遊びでしょ?」的に
上から目線で見ていた芸能人が手のひら返したように。
で、この女性はとっとと訴えられてYouTuberにでもなって
叩かれたら良いと思いますよ
何が事務所総出でやるから・・ですか
今度はあなた自身がネット民総出でやられる番ですよ



TVに出ていたときから上から目線のコメントは聞いてて
不愉快だったので個人的には復帰しないでほしいです。
特に世間からも復帰の声なんてないだろうし
聞こえてこないですけど。



突撃取材とはいえ、記者の問いに対して「マジ?」という返答…。
この人の周りには常識を教えてくれる人はいないのでしょうか。
いないから、このような事態になったのでしょう。
親として復帰しないといけないとありますが、
親としてはまず一般的な常識を身に着けることが先決のように感じます。

今回は100%と木下優樹菜が悪い。
訴えられて当然ですし、多額の賠償金を払うのは、当たり前。
今後、芸能界での復帰は止めた方が良いと思う。



シングルマザーとして本当に芸能界に復帰する事が
子供の為とは思えない。

あの子は、恐喝ママの子供とレッテルを貼られるのは、
仕方がない。

その為、子供の事を本当に想うなら、
人目を避けた場所でひっそりと稼いで養う事が最善策と思う。

まだタピオカ騒動が未解決だし、
このままでは需要はないし復帰は
あり得ないでしょう。
相変わらず、口も悪いし、、
この記事だけでは、よくわからないけど
本当に謝罪したい気持ちが全く伝わってこない。



もういい歳で子供もいるのに、
まだ自分を優樹菜って言っている所が痛い。
子供達の為に仕事しなくちゃと言っているが、
フジモンから十分な養育費貰ってるのでは?
普通のシングルマザーだったら、
フジモンと同じマンションに住む事自体が難しいかと。
子供達の事を本気で考えているのなら、
芸能界はやめておいた方が良いと思う。
地に落ちて仕舞ったイメージは今更戻らない。
残念だけどとか、勿体無いけどとか、全然思えない。

続きを読む
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ