初心者にオススメアフィリエイトは、ABEMAです


アベマTVは、初心者にオススメのアフィリエイトです。
A8から、「ABEMA」と検索してください。

成功報酬:550円

特徴は、ニュース番組やアニメをはじめ、
ドラマ、音楽、スポーツ、オリジナル番組など多彩な番組が
楽しめる約20チャンネルを提供しています。
Amebaを運営するサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で
"インターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業です。

既に会員が多いと思いですが、

1度は契約したが解約している方もいますが
身内であれば新規契約が可能であります。
アベマTVはスマホやiPhoneでも楽しめます。

契約数は1200~2000万人程度です。
スマホの機種変更すると新規契約ができます。
タブレットでも視聴できるので、ちょっとした休憩でも
見逃したドラマをフリーWi-Fiと接続すると十分に楽しめます。

パソコンで観るのが一番お手軽

abema-tv-bangumihyo

パソコンにつながっている環境であれば、いつでも見ることができ、見逃した
アニメやドラマが見放題です。

アプリ分析ツール「App Ape」によれば、トップを独走するのが
「Amazonプライム・ビデオ」。
そしてその後を追うのが、サイバーエージェントと
テレビ朝日が合弁で展開するインターネットテレビ局の
「ABEMA(アベマ)」(4月にAbemaTVから改称)だ。

ニュースやドラマ、格闘技、将棋、麻雀など、
約20のチャンネルを抱え、テレビのようにつねに番組を流し続けている点で、
他の動画配信サービスとは異なる。
サイバーエージェントの藤田晋社長は
2016年4月の開局当初、
広告で収益化できる週間アクティブユーザー数の目標として
1000万人を掲げ、
2019年に初めてその大台を突破した。
2020年3月以降も外出自粛が追い風となり、
4月初めには過去最高の1490万人を超え、
その後も伸び続けている


ニュースチャンネルが豊富だから、視聴者が満足。

その中でもユーザーの伸びを牽引するのが、ニュースチャンネル「ABEMA NEWS(アベマニュース)」だ。平日夜9時からの看板情報番組「ABEMA Prime(アベマプライム)」のほか、緊急の記者会見はノーカットで放送。「何かあったらアベマを見るという視聴習慣を作り出すことができた」(藤田社長)。

「アベマという新しいメディアを立ち上げるにあたって、ニュースをきちんと届けることが必要だと考えていた。ニュースチャンネルを作るには、やはり既存の映像メディアのノウハウが必要。テレビ朝日と組んだ理由はそこにある」と、ABEMA NEWSの山本剛史・チャンネルプロデューサーは振り返る。番組制作はテレビ朝日が担い、サービスの開発やユーザーの拡大施策、宣伝やマーケティングはサイバーエージェントが担当してきた。

ノーカットの会見中継は当初から想定したものではなかった。アベマニュースの報道を統括するテレビ朝日報道局クロスメディアセンターの水野篤・ABEMA NEWS担当部長は、「初めに考えていたのは、アメリカのCNNや日本テレビのニュース専門チャンネル『NNN24』のように、正時(12時ちょうどなどの時間)に短いニュースを流すといったこと。ただ開局当初に熊本地震が発生し、中継を延々と流し続けると、視聴者がついてくることがわかった」と話す。

⇓申し込みはこちらからお願いします⇓